竹内ピアノ教室(東松山市)に中学生の時にやって来たHくん!

気が付いたら5年経っていて大学生になっていました。

 

Hくんのことは以前の記事で紹介しています。

楽譜無しで弾いてるよ!「エリーゼのために」

 

「エリーゼのために」が遂に最後までいきました。4年以上かかりました。

しばらく弾き込む時間が必要で、まだこの曲と友達でいられそうです!

 

中学生だったHくんがなぜ5年もピアノを続けられたのか⁉考えてみました。

 

「Hくんてエリーゼ覚えて弾いてるけど、家で練習してるの?」

と聞くと

「いえ、全然!」

「たまには家で弾いておばあちゃんに聞かせてあげて」

この会話、何回も繰り返しています(笑)

 

【私から見たHくんの様子】

①練習してなかったけどそこそこ弾けた

②間違えたり弾けなかった時もそんなに気にしてなかった

③練習していなくても平気でレッスンに来れた(気にしないタイプ)

④たまにレッスンを忘れていた時、連絡すると走ってやってきた(他の子だったら休むかもしれない)

⑤レッスンを休んだことはないし、時間変更をしたのも1度だけ

⑥話をすることもなく30分間弾き続けて帰る

⑦注意されたことが気に入らないとふてくされて言い返すことができた(ストレスをためないのかな)

⑧ピアノを弾く時は前向きだった(楽しんでいた)

⑨私と世間話ができるようになった

⑩多分、私と相性がよかった

 

以上のようなことからHくんは、レッスンに来てピアノを弾く時間を楽しんでいました。

ただ先生の言う事に従うのではなく、思ったことを言う事ができたし、練習してないから頑張っていなかった!(笑)

ある意味理想的なケースです(笑)

『ピアノを長く続けるには、ピアノをがんばらないこと!』(Hくんの場合)

 

しかし、私も黙っちゃいないです!

「爪切ってきて!何回言ったらわかるの!」

「もういいかげんに床屋行ったら!」

飄々としてるHくん!

負けないよ、私だって!

 

我々指導者は、つい生徒さんに頑張るように仕向けてしまいますが、ある程度の年齢の方には臨機応変に対応して一緒に楽しんでいきたいです。

 

竹内ピアノ教室(東松山市)では体験レッスンを歓迎しております。東松山でピアノ教室をお探しの方はぜひ一度当教室の体験レッスンにお越しください。お申し込みをお待ちしております。

 

体験レッスンはこちら