竹内ピアノ教室(東松山市)では、ピアノ選びについて生徒さんからのご質問があります。

以前の記事はこちら  ピアノの選び方

ピアノとデジタルピアノの違いとは?

 

今日はリニューアルピアノについて考えました。

リニューアルピアノは前に使っていた方がどのように保管していたか、扱いはどうだったのかによって変わってくると思います。

年数が経っていても丁寧に使っていて状態のよい場合もあります。

 

もし私がリニューアルのアプライトピアノ買うのであったらという立場で選ぶポイントを書きました(独断です)

 

 *外観がきれいか(しかし、ぴかぴかに磨かれていたら中身はどうなっているか素人さんには判断できないかもしれません)

 

 *色や形(木目調の茶色や赤茶色のきれいな色、つやのあるものやマットなもの、猫足やR部分がなだらかな曲線のものや角があるものなど、今は購入できない掘り出し物のインテリアピアノに出会うこともあります)

 

 *調律がどれくらいの頻度でされていたか(調律の履歴を確認する)

 

 *中を見てハンマーや弦を見る(すぐにメンテナンスが必要かどうかと、弦の錆は金属なので表面にはあると思いますが、ひどい場合は要注意)

 

 *弾いてみる(響板のチェックと、ハンマーや鍵盤の横揺れ。多少はありますが)

 

新品のピアノでも一台一台音が違いますので、弾いてみて自分の好みの音かどうかもポイントになります。

 

私が音大生のとき練習室に過酷なアプライトピアノが30台くらいありました。

そして音楽教室、幼稚園保育園教室等の20∼30台くらいのアプライトピアノを見てきました。

そんな中で私が選ぶなら、

【カンカンした音じゃなくてタッチが柔らかいもの】(独断です)

 

リニューアルのアプライトピアノは、そこまで消耗してないと思いますが、グランドピアノは要注意です!

音大生が弾き潰しているかもしれません(笑)

 

そしてなによりも大切なことは信頼できる店で購入することです。

後で何かあった時にも相談できるような店で、ご自身の先生にも話を聞いて良いピアノと出会ってくださいね。

 

竹内ピアノ教室では体験レッスンを歓迎しております。東松山でピアノ教室をお探しの方はぜひ一度当教室の体験レッスンにお越しください。お申し込みをお待ちしております。

 

体験レッスンはこちら