竹内ピアノ教室(東松山市)では毎年秋に合同発表会に参加しています。

今年の発表会は、2020,11,15 でした。

詳細はこちら↓

発表会終わりました!

 

Tくんは、当教室(東松山市)に幼稚園の時から通ってくれている小3の男の子です。

今年の発表会は5回目の出演でした。

「Tくん、今年で発表会に5回出たよ!」

「もう5回も出たのか!」

「去年は何弾いたか覚えてる?」

「ん~っ[土人のおどり]だっけ」

「今年は去年よりもすっごく難しい曲が弾けたね」

(今年は[あやつり人形]を弾きました)

「去年と比べて今年はどんなふうに変わったかな?」

「練習量が多くなった。今は30分くらい。発表会やグレードの前は30分以上60分くらい」

「すごいね~!」

「先生に気を付けてって言われたところをひとりで直せるようになった。前はママやパパに聞いてた」

「そうなんだ。頑張ってるんだね」

「去年の僕よりけっこうがんばった!来週のピアノの時間に〇がもらえることが多い」

「そうだよね、どんどん〇になってるね。発表会10回めざして頑張ろうね!」

「うん!」

と答える素敵な笑顔のTくんでした。

 

Tくんは、これまでの発表会で一歩一歩前進してきました。
3回目の発表会までは私もおうちの方もハラハラして舞台を見守っていました。
ほぼノーミスで立派に出来ています。
しかしレッスンや練習はどうだったかと言うと、気持ちにムラがあり、演奏も不安定でした。
 
4回目の発表会の練習の頃から、ただ弾くだけでなく右手と左手のバランスを考えたり強弱を意識することが出来ています。
軽く弾けるようになるためのリズム練習は、その時のTくんには難しく、顔を曇らせてしまった時もありました(笑)
その後、繰り返し練習することによって、出来なかったことが当たり前に出来るようになることを経験しました。
これはそれからのレッスンの中で生かされ、成長と共に理解力も増しています。
 
そして今年の発表会では以前よりも慣れた手つきになりました。
何が成長したかというと、自分で考えることが出来るようになりました。
私との会話のキャッチボールも出来るようになり、こうなると自分のことを客観視できるのかもしれません。
今、私はTくんと話す時、かみ砕いた言い方をしていないと思います。
 
【自ら楽譜を読んで、自ら考え、演奏する!】
(これを音楽的自立といいます)
Tくんは、これに向かって歩き始めました。
Tくんが成長し、自立する姿を私は見たいと思います。

 

竹内ピアノ教室(東松山市)では無料体験レッスンを歓迎しております。東松山でピアノ教室をお探しの方はぜひ一度当教室の無料体験レッスンにお越しください。お申込みをお待ちしております。

 

無料体験レッスンのお申込みはこちら