講師:竹内智子

愛知県名古屋市生まれ。

私は4才の時にピアノを習い始めました。
父が若い時にコーラスをしていて、音楽が好きだったから習わせてくれたのだと思います。

やさしいおばあさんの先生でした。
あまりおしゃべりでない私が上手に弾けると、ほめてくれたことを覚えています。

レッスンが終わるとカンロ飴を口に入れてくれたり、クッキーをティッシュに包んで持たせてくれて、それがすごくおいしかったです。

発表会では母がワンピースやドレスを用意してくれました。
小2の時にロングドレスを着た時に、なんだか特別な気持ちがしたことを覚えています。

高学年になると、ピアノがだんだん難しくなってきてスランプもありました。
でも発表会の前は一生懸命練習していたように思います。

中学に入学し、部活は軟式テニスをしていた私ですが、ピアノも続け、発表会の曲と合唱の伴奏は練習していました。

しかし、中学の終わり頃に引越をして、先生の家が遠くなってしまった事もあり、レッスンを休みがちになった末、高校で一旦ピアノをやめてしまったのです。

音大進学を決意、恩師との出会い

そんな中、高校生活のある時、私は進路のことを考えました。

そして

「なんとなく続けてきたピアノだったけど、発表会も伴奏も楽しかったし、私は音楽が大好きだなあ」

と気付いたのです。

それから転機がやってきました。

音楽大学に行きたかった私に、ある恩師との出会いがあったのです。

その先生のレッスンを受けて、「音楽の道をめざす人たちは、こんな練習をするんだ」という驚きがありました。

もっと早く、この先生に習っていれば良かったとか、自分は準備不足なので、大学受験するのはもう遅いのではないかと、何度も思いました。
テクニックが全然足りなかったし、勉強している曲が少なかったのです。
やること全てが初めてのことばかり、、、

そんな私に恩師は、私が0からのスタートだということをご理解くださり、ある意味手取り足取り、1音ずつ、1小節ずつの指導をしてくださったのです。
どんな練習をしたら良いのかということも教わりました。

また声楽の先生でもあった恩師は、歌いながら私の演奏を引っ張ってくれたのです。

その時に「こんなふうに表現するんだ」ということを、たくさん知ることができました。

そうして、この恩師のおかげで、私は名古屋音楽大学に合格することができたのです。

理想のピアノレッスンの原体験となった

今振り返っても、何も分からない私を導いて下さった恩師には大変感謝しています。
先生の教えがなければ今の私は存在しません。

恩師の教え方は大変わかりやすく、その時の私には合っていたと思います。

「私もピアノの先生になったらこんなふうに教えたいな」

と当時から思っていました。

そして後に、新たなる師との出会いから、この考えが動き出すことになるのです。

音大卒業後、音楽教室での指導を経験し結婚、そして埼玉へ

音大を卒業した私は、音楽教室で様々な年齢の生徒さんをお教えすることになります。

生徒さんの成長を見守りながら、共に学び、時に迷いながら充実した時間を過ごしていました。
しかしそんな時間に終わりがやってきました。

結婚を機に埼玉県へ移ることになったのです。

最後は、ずっと通ってくれていた生徒さんやお母さん方が笑顔で送り出してくれました(私は後ろ髪引かれる思いだったのですが)。

埼玉に来てからも、音楽教室や自宅教室で、また生徒さんと勉強することができるようになりました。

恩師の恩師との出会い、受け身からの脱却

しかし、ここは生まれ育った名古屋から遠く離れた地。
頼る先生もおらず、これからどうしていこうかなと思っていた私に、またしても運命的な出会いが訪れます。

なんと、恩師の恩師が埼玉県にいらしたのです!

私はこの先生の指導を受けることになりました。

この恩師の恩師はよく私に

「ここは、どんなふうに弾きたいの?」
「あなたは、どう思っているの?」
「これは教えられることじゃない」

と言われました。

「あなたは、どう思っているの?」

何度も問われて私は、しどろもどろになっていました。

それまでの私は、

「レッスンに行けば何か教えてもらえる」

と受け身だったのです。

この先生に出会ってから、私は、自分自身を変えなくてはならないと思いました。

自ら問題を見つけ、「どうしてこうなっているんだろう?」と、考えたり調べたりします。

それでもわからない時は、師に聞いてみます。

これは、恩師の恩師の紹介で別の先生に指導していただいた時のことですが、例えば、ある曲を弾いている時に違和感を感じました。

私は、なぜそう感じるのかわからず、一人では解決しませんでした。

そこで、この疑問を師に聞いてみると

「ここのところは2拍付け足されていると言えばわかりやすいかな。伸びていると考えてもいいね」

と答えてもらいました。
作曲専門の師だったので、他にも理論づけて説明してくださったのです。

「こういうふうに言えばあなたにはわかるかな」

生徒にどう言えば伝わるか、考えている先生の顔は真剣です。

質問すると、教えてもらった内容がスッと入ってきて晴れやかな気持ちがします。

日頃から考える習慣が身についていれば、次に何をすれば良いか、前向きに行動することができます。

私は今、子供たちへのピアノレッスンで、曲の中で同じところを見つけたり、フレーズの山を探したり、同じ形を繰り返しながらクライマックスへ向かっていくなど、小さいトレーニングを重ねる中で、たくさんの発見をしてもらえるよう心がけてます。

生徒さんが私をピアノ講師として成長させてくれる

自分が今までどんな人と出会ってきたかというのは、今の自分にとても大きな影響を与えていると思います。

お世話になった先生方、友人知人のピアノの先生、そして、生徒さんや父兄の方々との関わりは、私を人として成長させてくれました。

小さな生徒さんの顔が雲っている時は

「あぁ、この教え方ではだめなんだ。もっとちがう伝え方をしなくてはいけない」

と気づきます。

お子さんを大切に思うお母さんたちと話していると

「自分も同じ気持ちだったなぁ」

と感じます。

また忙しい中で頑張っている中高生、大学生の生徒さんからは、大きなパワーをもらっています。
本番に向かって、こんなにもまっすぐに頑張れるんだと。

大人の生徒さんやシニアの生徒さんは、何を求めて教室に来てくださっているのか、私は考えつづけます。

生徒さんは私にいろいろなことを教えてくれます。
出会った生徒さんは、私にとっては良き先生なのです。

名古屋での生徒さんたちとの別れの時、私はこう思いました。

「みんなとの別れはつらいけど、ピアノの先生をしていたらきっと、新しい生徒さんが私に会いに来てくれる。きっと素晴らしい出会いがある」

私が埼玉へ来て、私のことを知っている人が誰もいない町へ来て、ピアノを通して生徒さんと出会えたのは奇跡です。
ピアノをやっていなければ決して出会うことはなかったでしょう。

私はこの出会いを大切にしたいと思います。

プロフィール

名古屋市出身
名古屋音楽大学卒業
カワイ音楽教室で10年、自宅教室で20年、2歳から80代のピアノ、ソルフェージュ、楽典、声楽の指導をする。

指導歴
カワイこどもコンクール
カワイ音楽コンクール
カワイうたのコンクール
ピティナピアノコンペティション
入賞

カワイグレードテスト指導
絶対音感プログラム

その他
カワイ音研会会員
カワイ音楽コンクール優秀指導者賞
江口メソード(おんぷの学校、ピアノの学校)研究会会員
シニアピアノ教育プロフェッショナル講師
日本シニアピアノ教育研究

 

当教室に幼少期から中学、または高校大学まで在籍された生徒さんの進学先

県立浦和高校、川越高校、川越女子高校、川越南高校、熊谷高校、所沢北高校、

私立山村学園、東邦音楽大学付属高校音楽科に進学されました。

早稲田大学3名合格、明治、青山、立教、文教大学などに合格されました。